Sesame's room
ごまのこべや
映画

星の王子さま

FODプレミアム

 

映画『星の王子さま』のネタバレなしでのあらすじ紹介や配信中のサービスをまとめています。

 

星の王子さま

 

星の王子さま

The Little Prince

 

 

 

目次

・概要

・あらすじ

・配信中のサービス

概要

1974年公開。スタンリー・ドーネン監督。

ミュージカル映画。

原作は1943年にアメリカで出版されたアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『星の王子さま』(フランス語原題:Le Petit Prince、英語: The Little Prince)

200以上の国と地域の言葉に翻訳され、児童書としても絵本としても広く読まれ続けている。

1983年にフランスでの映画化がされるほか、アニメ化や舞台化もされている。

2015年にはワーナーブラザーズから『星の王子さま』の続編として3Dアニメでの映画が公開された。

あらすじ

 

 

「ぼく」は絵を描くことが好きだった。しかし、おとなは「ぼく」の描く絵を理解しなかった。というよりは出来なかったのかもしれない。

「ぼく」は“ウワバミに飲まれた像”の絵を大人に見せる。しかし、大人は「帽子だ」「そんなことより、勉強しろ」などと答えるだけだった。

自分には絵の才能がないんだと感じた「ぼく」は絵を描くことをやめた。

 

大人になった「ぼく」はパイロットになった。そして、広大な砂漠に壊れた飛行機と「ぼく」はいた。「ぼく」はこのサハラ砂漠に不時着し、飛行機の修理をしていたのだ。1週間分の水しかなく、広大な砂漠の地で一人孤独と不安を感じていた。

翌日、1人の少年と出会う。少年は王子様のような格好をしており、「ぼく」に「羊の絵をかいて」という。「ぼく」は「僕が勉強してきたのは地理と算数と文法だけだ。絵は描けない」と断る。しかし少年は引かなず「羊の絵をかいて」という。

しかたなく絵を描く「ぼく」。そして少年が渡された絵を見ると「これはウワバミに飲まれた像でしょ。僕は羊の絵が欲しいんだ」という。

驚いた「ぼく」。羊の絵をかいてみると「その羊は弱っている」「その羊は年を取っている」などと却下される。

そこで「ぼく」は3っつ穴の開いた箱の絵を描いた。すると少年は「完璧だ!こういうのが欲しかったんだ!」と喜ぶ。

 

いつまでも絵を見つめ続ける少年。

そして、話すうちに少年がある小惑星からやってきた王子であることを「ぼく」は知る。

 

配信中のサービス

 

配信サービス 配信状況
U-NEXT ×
TSUTAYA TV △(課金にてレンタル可)
Hulu ×
Netfilix ×
FODプレミアム ×
dTV ×
Amazonプライムビデオ △(課金にてレンタル可)
ビデオマーケット △(課金にてレンタル可)
楽天TV ×
TELASA ×

※2020年10月現在

最新の情報はそれぞれの配信サービスのホームページからご確認ください。